日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(11月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

アジアにおける医療マッサージ指導者ネットワークの構築

団体名 筑波技術大学
団体名ふりがな つくばぎじゅつだいがく
年度 2007年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥17,305,490
助成金額: ¥18,638,000
事業内容 1.第3回アジア医療マッサージ指導者ネットワーク(AMIN)会議の開催
場所:バンコク  
日程:2008年10月初旬(3日間)参加者:各国盲人団体代表 約30名
目的:対象国の中長期戦略(国別活動計画)の作成。域内協力に関する協議。
参加者:対象国のマッサージ推進を担う盲人協会・団体の代表

*上記会議内容は変更され、以下のセミナーが開催された。

(1)モンゴルセミナー
日程:2008年3月31日〜4月2日(3日間)
参加者:モンゴル保健省、教育省、盲人協会など 100名以上 
目的:日本医療マッサージ教育方法の紹介と技術移転

(2)タイセミナー
日程:2008年8月17日〜8月20日(3日間)
参加者:タイ保健省、盲人協会、マッサージ講師など 80名以上 
目的:日本医療マッサージ教育方法の紹介と技術移転

2.日本人ボランティア・指導者の国内ネットワーク(BMIN)作り
BMIM会議と国内視覚障害者関連団体連絡協議会が実施された
日程:09年1月30日(1日) 
参加者:BMIN登録者 24名
目的:盲学校理療科教諭退職者や臨床経験豊富な人材をボランティアや指導者として登録する。

3.教科書、用語集の作成 
1000時間の簡易教材が作成された。

4.域内連携の促進と調査 
アジア太平洋盲人連合マッサージ委員会会議(08年5月、北京)に出席した。
各国現状視察と打合せ(タイ、モンゴル)が実施された。
成果物  
備考