日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(8月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

ライフセービング活動支援

団体名 日本ライフセービング協会
団体名ふりがな にほんらいふせーびんぐきょうかい
年度 2007年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥16,632,319
助成金額: ¥13,262,000
事業内容 1.救助器材の配備
内容:会員クラブを対象に、レスキューボード×20本、レスキューチューブ×40本、パトロールキャップ×1,366枚を配備した。器材については各クラブが管理する。
2.地域におけるライフセービング研修会の実施
西日本リーダーズミーティング(6月23日・22名)、学生リーダーズキャンプ(2月2日〜3日・144名)、東北リーダーズミーティング(2月9日・25名)、西日本リーダーズミーティング(2月16日・13名)
3.地域クラブ講習会への指導員派遣支援
指導員不在の各クラブが開催する講習会(合計7講習会)へ指導員を派遣した。
4.ライフセーバー養成講習会等への器材支援
訓練用ダミー人形を、広島LSC、沖縄LSC、柏崎LSCに2器、城西国際大学LSCに4器配備した。
5.AEDトレーナーの配備
訓練用AEDトレーナーを広島LSC、沖縄LSC、柏崎LSCに2器、城西国際大学LSCに4器、大阪体育大学LSCと東京健康科学専門学校LSCに10器配備した。
6.水辺の安全管理体制に関する調査研究
(1)全国パトロール統計調査
(2)全国海水浴場調査
(3)全国海水浴場安全管理体制調査
成果物  
備考