日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(6月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

HNS海上災害対策のための新技術等の研究・開発

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:9,397位 (19,216事業中)
成果物アクセス数:43
更新日 : 2019年6月22日

注目度とは?

団体名 日本海難防止協会
団体名ふりがな にっぽんかいなんぼうしきょうかい
年度 2007年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥22,096,507
助成金額: ¥17,657,000
事業内容 有害危険物質(HNS)流失事故に対する対策能力の向上のため、(独)海上災害防止センターと協力し、下記のとおりHNSに関する新技術の研究・開発等を実施した。

1.沈降性物質の回収等に関する新技術の研究 
海底沈降性物質の回収に関する資機材、回収時のダイバーの安全対策、回収物の保管等について実験を行った。

2.HNSの中和及び二種混合に関する研究 
HNSの中和・混合など、化学的視野に立った海上災害対策のための新技術等について実験を行った。

3.HNS防除作業マニュアルの作成・配布
これまでに蓄積されたHNSデータベースの分析方法、防除資材・機械器具等の使用条件、新技術の実施方法等について解説したマニュアルを作成し、関係機関に配布した。

4.HNS海中拡散予測モデル開発のための研究 
これまでの調査結果を検討し、HNS海中拡散予測モデルのプロトタイプを試作し、その評価を行った。
成果物 19年度HNS海上災害対策のための新技術等の研究・開発事業
備考