日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(5月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

循環資源物流に対応した内航海運活性化方策に関する調査研究

団体名 運輸総合研究所
団体名ふりがな うんゆそうごうけんきゅうしょ
年度 2007年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥10,089,620
助成金額: ¥10,000,000
事業内容 複数の都道府県をまたがる海運の広域ネットワーク化を図ることにより、海上輸送による循環資源物流を官民が協力して事業化することを目指し、以下の調査研究を行った。

1.離島における循環資源の発生・処理の現状と問題点の把握
(1)統計資料等の分析
(2)関係自治体、リサイクル・物流業界へのヒアリングによる現状と問題点
の把握
 a.北九州市
 b.愛媛県上島町、香川県直島町、岩城クリーンセンター、直島環境センター
c.長崎県対馬市、壱岐市、対馬クリーンセンター、対州海運、(有)藤尾、九州郵船、大川海運
 d.長崎県五島市、新上五島町、福江リサイクルセンター、野母商船(株)他

2.海運による循環資源輸送の必要性・事業性の検討
(1)離島からの循環資源輸送のあり方
(2)循環資源のモデル輸送時の条件等の検討
(3)内航海運による輸送可能量と事業性の検討

3.内航海運による循環資源輸送における課題の整理
(1)「離島循環資源・広域リサイクルネットワークシステム」の提案
(2)対応方策の検討
(3)内航海運による循環資源輸送における課題のまとめ

4.事業報告書の作成
(1)名称 循環資源物流に対応した内航海運活性化方策に関する調査研究

(2)規格 A4板 220p 300部
成果物  
備考