日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(7月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

タンカー火災の消火に関する調査研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:8,658位 (19,229事業中)
成果物アクセス数:55
更新日 : 2019年7月13日

注目度とは?

団体名 海上災害防止センター
団体名ふりがな かいじょうさいがいぼうしせんたー
年度 2007年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥4,967,715
助成金額: ¥3,974,000
事業内容 1.直径80cmの円筒形ダブルハルタンクによるボイルオーバーの実験
2006年度助成事業として実施した、直径30cmから80cmに拡大してボイルオーバーの実験を行った。
2.ボイルオーバーの防止策に関する実験
(1)タンク油の置換による冷却実験
燃焼を開始して30分後、冷たい原油を追加投入して油中の熱層を除去する実験を行った。
(2)水霧による冷却実験
タンクの外板を水霧で冷却し、熱層を除去する実験を行った。
(3)消化後にボイルオーバーが発生するかどうかの実験
泡消火剤で消火後、ボイルオーバーが発生するかどうかを確認した。

実験結果:タンクの直径を80cmまで大きくして実験したことで、直径を大きくすると高温油層がタンク下部まで届くスピードが速まることが判明した。また、水霧による冷却は有効性を確認できたが、原油の追加投入はボイルオーバーを速める危険性があることが分かった。加えて消火作業時の安全性についても知見を得ることができた。 
成果物 2007年度 タンカー火災の消火に関する調査研究
備考