日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(7月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

船舶関係工業標準化

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:11,231位 (19,229事業中)
成果物アクセス数:19
更新日 : 2019年7月13日

注目度とは?

団体名 日本船舶技術研究協会
団体名ふりがな にほんせんぱくぎじゅつけんきゅうきょうかい
年度 2007年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥37,970,943
助成金額: ¥30,376,000
事業内容 1.国際規格
(1)国際標準化機構(ISO)、国際電気標準会議(IEC)等が制定する新規国際規格について調査研究を行い、新規原案を自ら作成提案し、又は他国提案の新規原案に対する修正案(意見を含む。)を作成した。
(2)ISO、IECによる既存国際規格の定期見直しの実施に当たり調査検討を行い、改廃等の選定を行った。又、必要な場合、併せて改正案又は他国提案の改正案に対する修正案(意見を含む。)を作成した。
(3)作成した新規規格原案、既存規格の改正案等の国際的認知や我が国主導で有利に展開させるためにISO、IEC等の国際会議に積極的に参加すると共にこれら国際会議を必要に応じて我が国に召致し、海外諸国との連携の強化を図った。
2.国内規格
(1)造船会社、舶用機器製造業者などの海事産業からの要望等により、有益に活用されると見込まれる事項に付、新規JISの原案を作成した。
(2)工業標準化法の要求による既存JIS定期見直しに際し、国家規格として存在する価値があるかどうか又は市場適合正、新JISマーク表示制度に基づく適合性評価への活用の有無等について現状調査を行い、改廃等の調査を行うと共に必要な場合、改正案を作成した。
(3)JIS-F規格の全面見直しを行った。
3.船舶部門日本工業規格(JIS_F)規格集の刊行
(1)JIS-F和文規格案CD(本体及び解説)の刊行 4種 計 1,450部
(2)活動報告書(標準化ニュースNo.4)の刊行  210部
成果物 2007 年度 船舶関係工業標準化事業の活動報告書(標準化ニュース NO.4)
備考