日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(8月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

中央アジア出身のトルコ留学生のための奨学金支給及び日本理解促進事業 (Scholarship Progrem for Central Asian University Students in Turkey)

団体名 Japan Turkey Central Asia Friendship Association (日本・トルコ・中央アジア友好協会(JTCAFA))
団体名ふりがな Japan Turkey Central Asia Friendship Association
年度 2006年度
事業種別 助成事業
実施地域 ヨーロッパ
中東
実施国 アゼルバイジャン
ウズベキスタン
カザフスタン
タジキスタン
トルクメニスタン
トルコ
事業金額
事業費総額: ¥16,041,082
助成金額: ¥14,259,186
事業内容 <奨学生の選考>
1)期 間:2006年5月〜2006年9月)5ヶ月間
2)対 象:イスタンブール(イスタンブール工科大学他 5校程度)
アンカラ(アンカラ大学他 5校程度)に学ぶ中央アジア出身国費留学生
3)選 考:新規学生は1年次の成績優秀者の中から書類及び面接により選考。現受給生は1年間の成績により継続可否を決定。

<日本理解促進事業>上記と同期間(5ヶ月間)に下記事業を行った。
−アンカラ−
1)日本語集中講座(2006年6月3日〜6月25日)
内容:ひらがな・カタカナの習得と日本語の基本的文型の紹介。
2)日本歴史講座(2006年6月24日)
内容:日本について造詣の深いトルコ人専門家が日本歴史の講座を開講
−イスタンブール−
1)日本語及び日本経済講座(2006年6月3日〜7月2日)
内容:日本語の基本的文型の講義と日本経済に関する講義を開講。
2)日本の武士道、及び書道についての講義
内容:奨学生が日本の精神文化の中で特に高い関心を持つ「武士道」についての講義と、日本語教育とも密接な関係を持つ日本の書道についての講義開講。−アンカラ、イスタンブール−
1)優秀留学生日本招聘プログラム(2006年7月13日〜20日)
奨学生たちの日本理解へのインセンティブとなることを目的とし、優秀学生の短期訪日研修を行った。約1週間の研修で、日本の代表的な企業、研究所、公益団体などを訪問し、「今の日本」に触れた。
成果物  
備考