日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(7月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

米国における海事セキュリティー対策の動向と我が国海運への影響に関する調査研究

団体名 運輸総合研究所
団体名ふりがな うんゆそうごうけんきゅうしょ
年度 2006年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥26,350,861
助成金額: ¥26,350,000
事業内容 担当調査役を当機構国際問題研究所在ワシントン研究室に派遣し、USCGを中心とする関係機関等から情報収集、情報交換を行うとともに、改正SOLAS条約及び海事保安法の施行を中心とした米国における海事セキュリティー対策の現状、今後の課題、我が国海運に及ぼす影響及びその対応等について調査・研究を行った。
なお、3ヵ年事業の最終年度である本年度は、上記担当調査役による米国常駐の利点を生かし、USCG等との間で緊密な人的ネットワークを基礎に遅滞なく幅広い情報収集活動、文献の分析・考察等の研究活動、また、最近の国際的枠組みの中で米国のイニシアティブにより進められている各種対策について、米国内での最新の動向について調査を実施する等により、米国海事セキュリティー施策に係る調査研究全般を効率的かつ効果的に推進して我が国海事関係者のニーズに的確に応えるべく実施した。
1.海事分野におけるセキュリティー関係情報の収集
2.調査・研究
(1)米国における海事セキュリティー対策の動向
a.基本政策
b.改正SOLAS条約及び海事保安法関連事項
c.国際的枠組みにおいての米国主導の施策
d.民間の取組及び課題
(2)米国海事セキュリティー対策が我が国海運に及ぼす影響とその対応
3.調査・研究成果の発信
(1)米国におけるセキュリティー情報を適時関係官庁、関係団体等に提供した。
(2)報告書としてとりまとめ発行した。
成果物 米国における海事セキュリティー対策の動向調査-9.11事件後の米国海事セキュリティ政策-
備考