日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(6月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

舶用助燃式ターボ過給システムに関する技術開発

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:2,607位 (19,203事業中)
成果物アクセス数:669
更新日 : 2019年6月15日

注目度とは?

団体名 日本舶用工業会
団体名ふりがな にほんはくようこうぎょうかい
年度 2006年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥21,828,000
助成金額: ¥15,200,000
事業内容 1.助燃燃焼器の開発
(1)舶用機関の運転特性(プロペラ特性)に適合する助燃燃焼器ライナ及び燃料噴射ノズルを設計・製作した。
(2)舶用として、機関に搭載できるように、燃焼器全体の小形化・軽量化の開発を行った。
2.制御装置の開発
舶用機関の頻繁な加減速に自動的に追従でき、かつ保安機能を併せもつ全自動式制御装置を開発した。
3.過給機・燃焼器組合せ運転試験
過給機と燃焼器を組み合わせた状態で運転し、燃焼器の基本的性能及び制御装置の動作を評価した。
4.エンジン搭載機関調整運転
試験機関と助燃式過給システムとを組み合わせた状態で運転し、運転制御の最適化を実施した。
5.実証試験
下記試験を行い、開発の目標を達成したことを実証した。
(1)燃焼器を運転しないでアイドルからフルスピードまでのエンジンの加速試験を実施した。
(2)燃焼器を運転してアイドルからフルスピードまでのエンジンの加速試験を実施した。
(3)運転状態が許容範囲を超えていないことを確認した。
(4)排気煙導で採取した煤塵塵を秤量・比較した。
成果物 平成18年度 舶用助熱式ターボ過給システムに関する技術開発報告書
備考