日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(10月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

大陸棚限界画定のためのソフトウエア開発及び情報収集活動

団体名 日本水路協会
団体名ふりがな にほんすいろきょうかい
年度 2006年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥20,904,802
助成金額: ¥20,904,000
事業内容  本事業はAGU等の大陸棚に関する国際会議に大陸棚の申請資料作成に関係する専門家を派遣するとともに我が国で開催されるUJNR等の国際会議において我が国の主張を発表し国際的な動向を直接把握することにより、我が国の申請をより適切なものとし、国際世論を我が国に有利なほうに導くために以下の国際会議等に出席した。また、大陸棚画定作業を適切に処理するのソフトウェア(地球物理学データ)を開発した。
1.国際会議への参加・情報収集活動を実施した。
(1)ブラジル
a.1名 b.2006/06/04〜09
(2)大洋水深総図委員会(GEBCO)
a.1名 b.2006/06/16〜25
(3)アイルランド
a.3名 b.2006/07/11〜19
(4)フィジー
a.2名 b.2006/08/21〜24
(5)韓国
a.1名 b.2006/10/23〜25
(6)日米天然資源会議(UJNR)海底調査専門部会
a.18名 b.2006/11/14〜16
(7)インドネシア・マレーシア
a.1名 b.2007/02/22〜28
(8)アメリカ
a.1名 b.2007/02/22〜28
(9)アイスランド・デンマーク
a.1名 b.2007/03/05〜10
2.限界画定のためのソフトウェア(地球物理学データ)の開発
(1)大陸棚の外側の限界線を引くためのソフトウェアを開発した。
3.報告書の作成
(1)規格等 A4版 85p 200部
成果物 大陸棚限界画定のためのソフトウエア開発及び情報収集活動 その2
備考