日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(5月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

ドメスティック・バイオレンス(DV)被害者サポーター養成講座

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:437位 (19,167事業中)
成果物アクセス数:18,329
更新日 : 2019年5月18日

注目度とは?

団体名 ウィメンズネット「らいず」
団体名ふりがな うぃめんずねっとらいず
年度 2006年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥1,372,826
助成金額: ¥840,000
事業内容 1.「DV被害をのりこえる〜国際的な視点で学ぶサポーター養成専門講座」の開催
(1)開催時期:a.前期:2006年6月18日、25日、7月2日(計3日間6コマ)
         b.後期:2006年9月17日、24日、10月7日(計3日間6コマ) 合計12コマ
(2)内 容:DV克服と自立支援に向けたネットワークが構築できるよう、6人の講師による、
        ロールプレイ、グループワークを含めた講座を実施
        前期テーマ「DV被害者への対応―有効な介入と支援」
        後期テーマ「DV克服に向けて―社会資源の活用とネットワークの活用」
(3)場 所:水戸市国際交流センター 多目的ホール
(4)参 加 者:a.前期:会員38名、一般39名、被害当事者・家族13名 合計90名
        b.後期:会員34名、一般37名、被害当事者・家族15名 合計86名
2.DV被害者サポーターの手引きの発行
(1)題 名:「DV被害をのりこえる〜支援現場からの発信」
(2)規 格:A5版(2色刷り)、76ページ、500部
(3)配布先:会員、講座受講者、被害当事者、県関係機関、警察署、他のDV被害者支援団体
3.事業報告書の作成
(1)題 名:「DV被害をのりこえる 国際的な視点で学ぶサポーター養成講座」事業報告書
(2)規 格:A4判48ページ、400部
(3)配布先:会員、講座受講者、被害当事者、県関係機関、警察署、他のDV被害者支援団体
成果物 DV被害をのりこえる サポーター要請専門講座 事業報告書
DV被害をのりこえる?支援現場からの発信?
備考