日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(1月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

高齢者・障害者等の移動円滑化に関する調査研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:548位 (19,777事業中)
成果物アクセス数:14,943
更新日 : 2021年1月16日

注目度とは?

団体名 交通エコロジー・モビリティ財団
団体名ふりがな こうつうえころじーもびりてぃざいだん
年度 2006年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥4,246,329
助成金額: ¥4,246,000
事業内容 1.実態調査及び課題の明確化のための分析調査
 委員会には機器開発、リハビリテーション分野の学識者、自動車メーカー、車いすメーカー、交通事業者、JIS等規格審議の関係者等の参加を得て、乗降用スロープ及び固定装置の使用実態、規格・基準等の現状、既往研究等について整理を行った。また、バス事業者の協力を得た乗降、固定の実体験を目的とした委員会の開催を通じて、より具体的な問題点の把握を行った。

2.改善方策の提案
 将来の機器開発については、今年度の委員会での検討結果より、自動車側、車いす側双方において未解決の問題があることから、特定の開発方向性を示唆することは避け、既存の機器の使用実態及び最新の事例を示して、そうした中から次年度の実験結果をも考慮した改善方策を提案することとした。
 次年度の実験計画についても、スレッド台車を使用した耐衝撃性測定の実施についての提案を行った。

3.報告書の作成
 本年度事業の内容を報告書として取りまとめた。
成果物 車いすの公共交通機関利用時における乗降及び車内安全性に関する研究報告書
備考    

  • サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログがスタート!

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION
Copyright(C)The Nippon Foundation

痛みも、希望も、未来も、共に。