日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(5月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

貨物自動車に対する規制が物流等に与えた影響に関する調査研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:6,620位 (19,167事業中)
成果物アクセス数:91
更新日 : 2019年5月18日

注目度とは?

団体名 運輸総合研究所
団体名ふりがな うんゆそうごうけんきゅうしょ
年度 2005年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥8,253,345
助成金額: ¥8,253,000
事業内容 2003年10月から1都3県で開始されたディーゼル車の排ガス規制が輸送に与えた影響を定量的に調査し、モーダルシフト推進のための規制の考え方をまとめる。初年度は事業者の視点からの影響把握を中心に調査してきたが、2年目については、大都市圏を抱える主要自治体の環境条例やトラックに対する規制の考え方を主に調査した。また、本事業は3年計画であり、調査期間中は同一対象に対する追跡調査を行うことから、初年度実施したヒアリング対象事業者には継続的に推移を調査した。

1.トラックに対する諸規制が与える影響の検討
(1)主にトラック事業者に対し、ヒアリングによるパネル調査を実施し、リミッター装着率の推移と対比させながら、今回の規制の影響や今後の対応策について把握した。
2.自治体の取り組み状況の把握
(1)大都市圏を抱える主要自治体の環境条例やトラックに対する規制の考え方についてアンケート調査により把握した。
3.定量化のためのデータ収集
(1)アンケート調査およびヒアリング調査によりモーダルシフトに関するデータを収集した。
成果物 平成17年度貨物自動車に対する規制が物流等に与えた影響に関する調査報告書
備考