日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(9月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

鹿児島県の離島における静脈物流ネットワークのあり方に関する調査研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:2,940位 (19,275事業中)
成果物アクセス数:489
更新日 : 2019年9月14日

注目度とは?

団体名 九州運輸振興センター
団体名ふりがな きゅうしゅううんゆしんこうせんたー
年度 2005年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥5,955,460
助成金額: ¥4,764,000
事業内容 本事業は、学識経験者、運輸事業者、関係自治体、国等からなる委員会方式で実施した。具体的な調査内容は以下のとおりである。
1.鹿児島県の離島における廃棄物等の処理、輸送の現状の整理
(1)対象離島
a.甑島 b.種子島 c.屋久島 、口永良部島 d.三島 e.十島
(2)調査項目
a.処理(中間処理、最終処分を含む) 
b.輸送(保管を含む)
c.島内放置・退蔵等の問題点の整理
2.関係者の意向の整理
アンケート調査(各島の13市町村のほかに約140ヶ所)、ヒアリング調査(16ヶ所)を実施し、関係者の意向を把握、整理した。
(1)調査対象
a.処理事業所(処理業者) b.輸送業者(海上輸送、港湾輸送、トラック運送等) c.関係行政機関(鹿児島県の環境、交通、港湾関係、各自治体)
(2)調査項目
a.廃棄物等の処理、輸送の現状 b.自動車リサイクル法への対応状況
c.問題点 d.廃棄物等の望ましい処理、輸送のあり方 等
3.静脈物流ネットワーク構築の必要性の整理
各離島群における廃棄物等の処理、輸送に関わる課題を整理。
4.鹿児島県の離島における静脈物流ネットワークのあり方の検討、提案
(1)鹿児島県の離島における静脈物流ネットワーク構想の検討
(2)実現化に向けた取り組み方策の検討
実現化に向けた取り組み方策及び関係者の役割分担を検討した。
5.報告書の作成
規 格:A4版209頁 数量:300部
配布先:国土交通省、地方自治体、業界団体、図書館等
成果物 鹿児島県の離島における静脈物流ネットワークのあり方に関する調査研究
備考