日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(2月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

ライフセービング活動支援

団体名 日本ライフセービング協会
団体名ふりがな にほんらいふせーびんぐきょうかい
年度 2005年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥16,081,074
助成金額: ¥12,000,000
事業内容 1.水辺の監視・救助活動団体支援のための奨励金の提供(パトロール活動支援)
(1)対象:延べ人数598人(会員クラブに所属し、ライフセーバーの資格を保持している者で、5月1日〜12月31日にボランティアパトロールを実施した者を支給対象とした。)
(2)内容:交通費として一律一人1回を目安に1,000円を支給した。

2.パトロールユニフォーム、救助器材の提供(器材支援)
(1)対象:会員クラブ及び個人会員
(2)内容:頚椎損傷用バックボード(20本)、レスキューボード(20本)、レスキューチューブ(80本)、パトロールユニフォーム(1,500枚し、1,221枚を配備済み)、AED自動徐細動器(10台)を配備した。
(3)管理方法:各会員クラブにおいて行う

3.地域におけるライフセービング研修会の実施(組織化支援)
(1)対象:会員、関係諸機関、その他。
(2)参加:総計469名
(3)場所:白浜(和歌山県)、勝浦(千葉県)、大阪(大阪府)、八戸(青森県)、虎ノ門(東京)
(4)内容:全国のクラブから参加者を募り、ライフセーバー間、各クラブと日本ライフセービング協会間の情報交換やネットワークの構築を図った。

4.ライフセーバー養成及び心肺蘇生法と自動除細動器(AED)研修会の実施(ライフセーバー養成及び心肺蘇生法普及活動支援)
(1)対象:一般の方、小・中・高校生
(2)参加:総計2,410名(ライフセーバー養成では1,038名、心肺蘇生法講習会には1,372名の参加があった。)
(3)回数:計129回
(4)内容:心肺蘇生法(CPR)と自動除細動器(AED)の研修会及び海水浴場における自動除細動器(AED)の配備
成果物  
備考