日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(9月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

青少年の海事意識啓発

団体名 日本海事広報協会
団体名ふりがな にほんかいじこうほうきょうかい
年度 2005年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥11,498,108
助成金額: ¥9,198,000
事業内容  海洋・沿岸環境の保全意識の高揚を図る上で、体験学習が非常に効果が高く、全国11ヶ所の地方海事公報協会において、小・中学生を中心に参加者を募集し、海洋環境教室を開催した。中央においては、参加者の学習効果を高めるための資料を作成した。
1.名称:青少年の海洋環境教室
2.内容
a.海洋環境学習の施設見学会
海洋調査や海洋環境然技術開発などの研究施設・海洋博物館・水族館・港
湾施設等を見学、専門家による講話・実習など
b.海洋・沿岸環境の乗船ウォッチング
船上からの海洋・沿岸の視察
3.実施場所:全国11地方海事公報協会所在地
4.実施回数(詳細は別添のとおり)
a.海洋環境学習の施設見学会:54回(全国11地区)
b.海洋・沿岸環境の乗船ウォッチング:48回(全国11地区)
5.参加者(詳細は別添のとおり)
a.海洋環境学習の施設見学会:4,810名(全国11地区)
b.海洋・沿岸環境の乗船ウォッチング:4,160名(全国11地区)
6.学習用資料の作成・配布
a.題名:「Befriend the Sea 海の手帳」
b.仕様:A6版 100頁
c.数量:13,000部
d.内容:環境問題や海事知識のわかりやすい解説とフィールド・ワークなど
の体験学習に役立つ小冊子
e.配布先:海洋環境教室参加者、教育機関、公共施設など
成果物 Befriend the Sea 海の手帳
備考