日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(10月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

ノンバラスト船の研究開発

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:712位 (19,290事業中)
成果物アクセス数:9,888
更新日 : 2019年10月19日

注目度とは?

団体名 日本船舶技術研究協会
団体名ふりがな にほんせんぱくぎじゅつけんきゅうきょうかい
年度 2005年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥85,800,000
助成金額: ¥19,000,000
事業内容 1.船型の開発
 スエズマックスノンバラスト船型の最終試験を実施し、運動性能や推進性能等を計測し、長期予測も含めたノンバラスト船型の総合性能を評価した。
2.船殻構造の検討・試設計
 2004年度に実施した試設計をチェックし、最終図面を作成した。
3.スラミング衝撃荷重推定システムの開発
 横揺れによるスラミングが当初の予測を上回って顕著に発生することが判明したことによる追加課題。
(イ)プログラムの開発
 現在のスラミング衝撃荷重推定システムを整備拡張する。試験の結果と比較して、プログラム精度を検証した。
(ロ)検証模型試験
 最終船型について斜波中航行試験を実施してスラミング衝撃圧を計測した。
4.浅喫水対応推進システムの開発
 最終船型についてプロペラを設計し、キャビテーション試験を実施して性能を評価した。H16年度迄の結果と併せ、最適な推進システムを確定した。
5.規則適用の検討
 ノンバラスト船の現行安全規則上の妥当性について検討する。このため、最終船型に対して具体的な船体構造強度評価を行い、実用化に向けた結論を得た。
6.まとめ
 成果を報告書にまとめ、実用化への普及に寄与した。
 公開報告書 A4版35頁、600部/非公開報告書 A4版157頁、30部
成果物 「ノンバラスト船の研究開発」研究成果概要報告書
備考