日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(2月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

基盤整備

団体名 日本海難防止協会
団体名ふりがな にっぽんかいなんぼうしきょうかい
年度 2005年度
事業種別 助成事業
実施地域 アジア
実施国 日本
事業金額
事業費総額: ¥121,100,000
助成金額: ¥121,100,000
事業内容  海難防止及び船舶等による海洋汚染の防止に関する調査研究・周知宣伝・情報収集を行った。
1.港湾専門委員会 年3回 
2.「海上安全に関する国際情報収集活動」を日本マリタイムセンター(シンガポール連絡事務所)及びロンドン連絡事務所で実施した。
3.調査研究・周知宣伝
「海事の国際的動向に関する調査研究」「海難防止情報誌の発行・配布」「アセアン地域内三ヵ国における海洋汚染防止体制の充実・強化支援」「危険物の海面・大気拡散防止策及び予測モテ゛ル開発のための調査研究」「船舶バラスト水等処理技術実用化のための調査研究」「基幹的広域防災拠点のネットワーク化に資する河川舟運の活用に関する調査研究」「海岸漂着ごみ全国モニタリングプロジェクト」「マレーシア海上保安機関の教育訓練に対する支援事業
4.海上安全対策等
「海上交通安全確保に必要な対策事業」「海難防止事業等を促進するための調整事業」を実施した。
5.UNEP(国連環境計画)が管理する「NOWPAP信託基金」にNOWPAP/RCU富山オフィス運営に係る経費を拠出した。
6.関係官庁及び地方公共団体等から22事業の委託を受けて実施
7.福祉基金事業で福祉基金の運用に関する規程に基づき実施した。
成果物  
備考