日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(7月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

流出油回収処理材の微生物分解処理技術実用化に関する調査研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:5,514位 (19,229事業中)
成果物アクセス数:124
更新日 : 2019年7月13日

注目度とは?

団体名 海上災害防止センター
団体名ふりがな かいじょうさいがいぼうしせんたー
年度 2005年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥8,446,605
助成金額: ¥8,446,000
事業内容 バーク堆肥微生物分解処理技術による産業廃棄物処理認可に向けて、油分減少量、周辺環境への影響調査を実施するとともに、油で汚染された海岸・土壌の現場での浄化について実用化について検討した。
1.調査研究項目
(1)産業廃棄物処理認可に向けた油分減少量、周辺環境への影響調査
 100m3規模のバーク堆肥パイルによるC重油の微生物分解処理実験を実施し、その敷地内・周辺地域の環境影響調査を行なった。
(2)油で汚染された海岸・土壌での浄化
 大分港にさばき地の一部を借り受け飛散防止措置を施した上で、100m3規模のバーク堆肥パイルによるC重油の微生物分解処理実験を実施した。
(3)研究成果の普及
a.海上災害防止センター研究成果報告会
イ.神戸 9月30日
ロ.名古屋 10月28日
ハ.東京 11月2日
b.エコプロダクツ2005 東京ビックサイト 12月16〜18日
c.水質事故対策訓練 茨城県取手市 10月18〜19日
2.報告書の作成 A4版 72p 400部
成果物 流出油回収処理材の微生物分解処理技術実用化に関する調査研究報告書I
備考