日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(11月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 日本財団の事業一覧 > 日本財団の事業情報

日本財団の事業情報

事業名 競艇事業の社会的役割を促進するための調査研究
団体名 日本財団 (The Nippon Foundation)
団体名ふりがな にっぽんざいだん
協力団体名  
年度 2004年度
事業種別 自主事業
実施地域 アジア
実施国 日本
事業金額 事業費:¥1,328,813,310
事業内容 ◇実施の内容◇
1.競艇広報を通した社会的役割の促進
(1)競艇中継テレビ番組の制作・放映
 a.放送局:テレビ東京及び全国のローカル局等
 b.実施期間:2004年4月〜2005年3月
 c.実施内容:8SG競走(笹川賞、ク゛ラント゛チャンヒ゜オン決定戦、オーシャンカッフ゜、MB記念、全日本選手権、競艇王チャレンシ゛カッフ゜、賞金王決定戦、総理大臣杯)及び新鋭王座決定戦、競艇名人戦及び女子王座決定戦の中継テレビ番組を制作・放映した。また、競艇中継番組において日本財団のCM(「マラッカ海峡編」「福祉車両編」「ギャローデット大学編」「タイ手話の先生編」)を放映した。
(2)SG競走等告知テレビCM放送
 a.実施期間:2004年4月〜2005年3月
 b.実施内容:SG競走を中心にテレビスポットCM(30秒/15秒)を放映し、来場促進を図った。
(3)衛星放送による情報提供
「日本財団情報360°」の制作及び放映を行った。
 a.放送局:株式会社日本レジャーチャンネル
 b.放送期間:2004年4月1日〜2005年3月31日(競艇中継番組内及び任意競艇場内にて毎日2〜3回放送)
 c.制作本数:24本(1番組3分30秒、電光掲示板配信1分)
 d.番組内容:助成事業の紹介等

2.日本財団会長賞の交付
(1)特別競走
競艇の売上向上と競走の活性化を図るために、日本財団会長賞として、優勝者に対し、賞金等を交付した。
a.競走名:第31回笹川賞競走
 期 間:2004年5月25日〜30日
 場 所:尼崎競艇場
b.競走名:第14回 ク゛ラント゛チャンヒ゜オン決定戦競走
 期 間:2004年6月22日〜27日
 場 所:浜名湖競艇場
c.競走名:第9回オーシャンカッフ゜競走
 期 間:2004年7月27日〜8月1日
 場 所:若松競艇場
d.競走名:第50回モーターホ゛ート記念競走
 期 間:2004年8月23日〜29日
 場 所:蒲郡競艇場
e.競走名:第51回全日本選手権競走
 期 間:2004年10月26日〜31日
 場 所:福岡競艇場
f.競走名:第7回競艇王チャレンシ゛カッフ゜競走
 期 間:2004年11月23日〜28日
 場 所:児島競艇場
g.競走名:第19回賞金王決定戦競走
 期 間:2004年12月18日〜23日
 場 所:住之江競艇場
h.競走名:第40回総理大臣杯競走
 期 間:2005年3月22日〜27日
 場 所:多摩川競艇場
i.競走名:第5回競艇名人戦競走
 期 間:2004年4月20日〜25日
 場 所:住之江競艇場
j.競走名:第18回女子王座決定戦競走
 期 間:2005年3月1日〜6日
 場 所:大村競艇場
k.競走名:第19回新鋭王座決定戦競走
 期 間:2005年1月25日〜30日
 場 所:宮島競艇場
l.競走名:周年記念競走
 場 所:全国24競艇場
m.競走名:日本財団会長杯競走
 場 所:全国23競艇場
(2)各種競技等
公益性の高い競技・事業などに対し、参加者の参加意欲を高めるために各種大会等に対し、日本財団会長賞として賞品等を交付した。
a.名 称:日本造船学会賞
 実施日:2004年5月12日
 実施者:(社)日本造船学会
b.名 称:2004年度少年少女ゴムボート大会
 実施日:2004年5月〜11月
 実施者:(財)マリンスポーツ財団
c.名 称:第35回全国商船高等専門学校漕艇大会
 実施日:2004年11月13〜14日
 実施者:広島商船高等専門学校
d.名 称:2004年度永年功労者表彰式典
 実施日:2004年7月20日
 実施者:(社)全国モーターボート競走会連合会
e.名 称:国連笹川災害防止賞
 実施日:2004年10月7日
 実施者:国連人道問題調整局
f.名 称:2004年度優秀選手表彰式典
 実施日:2005年2月9日
 実施者:(社)全国モーターボート競走会連合会

3.ファン感謝イベントの実施
(1)「お母ちゃんありがとう」キャンペーン
競艇場来場者を対象に、はずれ舟券と交換で「奥さん」が喜ぶような生活用品等の景品を配布した。
a.2004年10月 5日(火) 下関競艇場
 入場者2870名 景品1400個
b.2004年10月24日(日) 蒲郡競艇場
 入場者5637名 景品2725個
c.2004年10月24日(日) 若松競艇場
 入場者3605名 景品1270個
d.2004年11月 8日(月)江戸川競艇場
 入場者6753名 景品2200個
e.2004年12月 6日(月)福岡競艇場
 入場者6475名 景品2000個
f.2004年12月 6日(月)戸田競艇場
 入場者7587名 景品2144個
g.2005年 1月10日(月)大村競艇場
 入場者4032名 景品1500個
h.2005年 1月20日(木)芦屋競艇場
 入場者2979名 景品2500個
i.2005年 1月23日(日)徳山競艇場
 入場者3535名 景品1306個
j.2005年 1月31日(月)尼崎競艇場
 入場者8947名 景品1700個
k.2005年 2月10日(木)平和島競艇場
 入場者8000名 景品3000個
l.2005年 2月13日(日)常滑競艇場
 入場者11027名 景品1500個
m.2005年 2月13日(日)三国競艇場
 入場者4310名 景品2000個
n.2005年 3月20日(日)浜名湖競艇場
 入場者2569名 景品2050個
o.2005年 3月20日(日)津競艇場
 入場者3631名 景品1200個
p.2005年 3月21日(月)丸亀競艇場
 入場者4000名 景品1500個

◇実施の方法◇
1.実施計画を策定の上、競艇広報センターへ委託して実施した。
2.実施計画を策定し、競艇場関係者や専門組織の協力のもと、実施した。
3.実施計画を策定し、各競艇場関係者と合同で実施した。
成果物  
備考