日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(11月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 日本財団の事業一覧 > 日本財団の事業情報

日本財団の事業情報

事業名 助成事業の効果的実施のための調査研究
団体名 日本財団 (The Nippon Foundation)
団体名ふりがな にっぽんざいだん
協力団体名  
年度 2004年度
事業種別 自主事業
実施地域 アジア
中南米
ヨーロッパ
アフリカ
実施国 インド
インドネシア
カンボジア
中国
ネパール
ブータン
フィリピン
日本
チリ
ブラジル
スイス
マダガスカル
南アフリカ
事業金額 事業費:¥71,152,578
事業内容 ◇実施の内容◇
1.ハンセン病制圧活動の推進
 (1)出張:海外11回(ネパール、インドネシア、インド(6回)、ブータン、チリ、ブラジル(2回)、スイス、フィリピン、南アフリカ、マダガスカル、カンボジア)
 (2)内容:
  a.各国・各地域のハンセン病に関連する現場視察
  b.WHO、各国保健省、NGO、ハンセン病患者・回復者等からの情報収集および協議の実施
  c.各国のメディアに対するハンセン病に関する情報提供
  d.国連人権委員会人権促進保護小委員会メンバー等への情報提供および協議の実施
  e.ハンセン病制圧活動に関する周知啓発を目的としたWHOハンセン病対策特別大使による活動の紹介パンフレットの制作

2.国内外のハンセン病回復者の尊厳回復
 (1)出張:海外2回(フィリピン、中国)、国内4回(群馬、静岡、鹿児島、宮城)
 (2)内容:
  a.ハンセン病チャリティー基金を通じた回復者支援
  b.国内外のハンセン病関連資料データベース作成のための現地調査
  c.日本・海外の回復者の相互交流の実施

◇実施の方法◇
財団が事業実施先を選定し、必要な場合は専門家の協力を得て、実施した。
成果物  
備考