日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(11月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 日本財団の事業一覧 > 日本財団の事業情報

日本財団の事業情報

事業名 日本財団アジア(API)フェローシップ事業のフォローアップ調査
団体名 日本財団 (The Nippon Foundation)
団体名ふりがな にっぽんざいだん
協力団体名  
年度 2004年度
事業種別 自主事業
実施地域 アジア
実施国 日本
事業金額 事業費:¥14,850,041
事業内容 ◇実施の内容◇
1.実施体制
 国際協力グループ内に本部組織を置き、財団職員と臨時雇用職員の3名体制で、「日本財団アジア(API)フェローシップ」事業の活動支援とフォローアップ活動を行った。

2.フェローの選考関連活動
 (1)財団職員が、各国での国内選考委員会に参加し、日本財団とプログラムに関する委員の理解を深めた。
 (2)財団職員が国際選考委員会に参加した。

3.フォローアップ・グラントの開始
 (1)第2回のフォローアップ・グラントを募集し(2004年8月31日締め切り)、12月の国際選考委員会において3名のグラント受給者を決定した。

4.広報活動
 (1)本事業のパンフレットを作成し、事業に対する国内外からの問い合わせに対応した。
 (2)日本国内においてAPI説明会を実施(東京、福岡、大阪)、財団職員が参加した。

5.第3回ワークショップ開催(2004年12月)への準備と参加
 (1)財団職員が開催地に赴き、会場視察、打ち合わせなどを行った。(2004年4月、10月)
 (2)ワークショップ特別委員会(マレーシア国民大学マレーシア問題・国際問題研究所、京都大学東南アジア研究所、日本財団の各代表によって構成)の委員と、面談を重ね準備を行った。(2004年3月、10月)

6.その他
 (1)APIフェローのフェローシップ活動がより円滑に進むことを目的に、第5期生フェローに配布する協定書の改定を行った。
 (2)各国で開催された第5期生フェローを対象としたオリエンテーションに財団職員が参加し、改定された協定書の内容、フェローシップ支給方法、保険、派遣手続きなどについての説明を行った。
 (3)財団職員が第4期生フェローの研修先を訪問し、面接や各種会合を実施した。
 (4)財団職員が、東南アジア地域で広く活動している他の財団と、その活動などについての意見交換を行った。
 (5)国際協力グループにおいて第1期、第2期、第3期、第4期、第5期のフェローのデータ管理を行った。

◇実施の方法◇
財団職員が参加各国を訪問し、上記の活動を実施した。
成果物  
備考