日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(9月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

船舶関係諸基準に関する調査研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:120位 (19,275事業中)
成果物アクセス数:88,276
更新日 : 2019年9月14日

注目度とは?

団体名 日本造船研究協会
団体名ふりがな にほんぞうせんけんきゅうきょうかい
年度 2004年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥189,399,782
助成金額: ¥185,611,000
事業内容 1. 基準案の作成
 IMOのMSC及び海上安全に関連する小委員会並びにMEPC及び海洋環境保護に関
 連する小委員会に対応するため、従来より具体的な目標を設定した上で、目
 標達成に最適な事業実施方式により調査研究等を実施(調査研究等は原則と
 してプロジェクト方式で実施し、委員会形式のほうが適切なものについては
 委員会形式で実施する。)し、それらを取り纏めて基準案を作成した。
2. 基準案の公表等
 (1)作成された基準案を国内では成果報告会及び及びホームページ上で公表
  した。
 (2)評価委員会を設置し、各プロジェクトの目標達成度の評価や分析を行う
  内部評価制度を導入し、評価結果の公表を行った。
 (3)関係機関との連携を強化するため、IMOへの対応や調査研究のニーズの把
  握のため連絡調整会議を開催した。
 (4)作成された基準案が条約基準として承認されるためにIMO等へ出席して提
  出文書の趣旨説明を行うとともに関係者との情報交換を行なった。
成果物 RR-MP1 新世代船体構造強度基準の作成に関する調査研究(平成16年度報告書)
RR-MP2 次世代救命システム基準の作成に関する調査研究(平成16年度報告書)
RR-MP3 大気汚染防止基準の作成に関する調査研究(平成16年度報告書)
RR-SP1 漁船の事故発生防止対策の作成に関する調査研究(平成16年度報告書)
RR-SP2 船舶の損傷時復原性規則の改正案作成に関する調査研究(平成16年度報告書)
RR-SP3 乾舷規則の改正案の作成に関する調査研究(平成16年度報告書)
RR-SP4 非損傷時復原性基準の改正案の作成に関する調査研究(平成16年度報告書)
RR-SP5 燃料油タンク防護基準作成に関する調査研究(平成16年度報告書)
RR-SP6 統合化航法システムの性能基準作成に関する調査研究(平成16年度報告書)
RR-SP7 浮揚式VDRの技術基準の作成に関する調査研究(平成16年度報告書)
RR-SP8 船舶の総合的安全評価手法による安全性向上策の策定に関する調査研究(平成16年度報告書)
RR-SP9 バラスト水処理基準の作成に関する調査研究(平成16年度報告書)
RR-SP10 統合ビルジ処理システムのガイドライン改正案の作成に関する調査研究(平成16年度報告書)
RR-SP11 温室効果ガスの船舶からの排出算定基準の作成に関する調査研究(平成16年度報告書)
RR-SP12 老朽タンカー対策の策定に関する調査研究(平成16年度報告書)
RR-R1 人的要因に関する調査検討(平成16年度報告書)
RR-R2 船舶の防火に関する調査検討(平成16年度報告書)
RR-R3 原子燃料物質の海上輸送の安全性に関する調査検討(平成16年度報告書)
RR-R4 不具合情報の評価に関する調査検討(平成16年度報告書)
RR-R5 液体貨物の安全輸送に関する調査検討(平成16年度報告書)
RR-R6 バルクキャリアの安全性に関する調査検討(平成16年度報告書)
平成16年度 基準研究成果報告会 講演要旨(東京・大阪)
備考