日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(11月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

観光資源としての鳴き砂(鳴り砂)の浜の総合調査

団体名 日本ナショナルトラスト
団体名ふりがな にほんなしょなるとらすと
年度 2004年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥4,925,449
助成金額: ¥3,900,000
事業内容 1. 鳴き砂の浜の状況(地理的な形成要素、歴史的な環境変化、阻害要素、利用状況)について9つの浜で調査を実施した。

2. 保存活動の状況(保全活動の内容<特に主体、期間など>現在の課題、今後の展開)について、平成15年度に実施したネットワークアンケート調査を踏まえ、7つの浜の保全団体に詳細聞き取り調査を行い、鳴き砂と人の関わりについて、検証、保全・活用活動の整理を行った。

3. 全国の沿岸市町村への悉皆アンケート調査を実施した。全国鳴き砂(鳴り砂)ネットワーク加盟以外の896市町村(平成16年11月現在)に対し実施し、13市町村(17浜)が鳴き砂が現存すると回答、また10市町村(9浜)が過去に鳴き砂が存在したと回答した。(回答率57.7%)

4. 観光資源としての鳴き砂(鳴り砂)の浜を守り、活かすための課題を整理し、最終的に提言を行った。
<課題>
(1)海浜や周辺環境のハード開発の制御
(2)観光利用の内容改善、教育的活用法の開発
(3)漂着ゴミおよび微細ゴミの抑制・除去
(4)行政、住民、学識経験者の連携体制の確立
(5)活動団体の組織の継続と活性化
<提言>
(1)メカニズムの解明
(2)現状の把握
(3)保全活用システムの構築
(4)メカニズムのモニタリング
成果物  
備考