日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(6月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

船舶電装工事の技術革新のための調査研究

団体名 日本船舶電装協会
団体名ふりがな にほんせんぱくでんそうきょうかい
年度 2004年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥8,795,366
助成金額: ¥5,800,000
事業内容 1.電装工事用材料の調査
(1)対象材料:
 a.電線固定用材料:バンド、バックル、クランプ等
 b.電線支持金物:電線馬、ハンガ等
 c.貫通金物類:貫通箱、充填材等
 d.保護用材:電線管、フレキシブルチューブ等
 e.端子台等接続用材料:圧着端子、テープ等
 f.装備工事用材:機器台等の取付台、ボルト・ナット等
(2)調査内容:
 船舶設備規程、船級協会等の認可必要有無、船舶及び陸上での使用実績、
 使用上の問題点、今後の改良動向
(3)調査方法:アンケート調査
2.差込み式端子台等の試作研究
(1)試作数:2種類(レール式20P、固定式4P)
(2)性能試験の実施
3.小型接続箱の試作研究
(1)試作数:1種類(固定式差込み端子台)
(2)性能試験の実施
4.差込み端子台と小型接続箱の艤装工事の検証
5.金属接着剤の調査研究
(1)調査内容:利用例、部材の選定、試験用接着剤の選定
(2)接着試験の実施:4種類の接着部材と2種類の接着剤
6.報告書の作成:A4版、140頁、600部
成果物 船舶電装工事の技術革新のための調査研究報告書 平成17年3月
通信講習用 船舶電気装備技術講座〔試験・検査編〕(中級)
通信講習用 船舶電気装備技術講座〔装備艤装工事編〕(レーダー)
通信講習用 船舶電気装備技術講座〔機器保守整備編〕(レーダー)
通信講習用 船舶電気装備技術講座〔基礎理論編〕(GMDSS・レーダー)
通信講習用 船舶電気装備技術講座〔AIS,VDR,GPS編〕
通信講習用 船舶電気装備技術講座〔艤装工事及び保守整備編〕(GMDSS)
船舶電気装備技術講座〔法規編〕(GMDSS)
船舶設備関係法令及び規則〔資格更新研修用テキスト(強電)〕
船舶設備関係法令及び規則〔資格更新研修用テキスト(弱電)〕
船舶電気装備技術講座〔高圧電気装備編〕(上級)
船舶電気装備技術講座〔電装生産管理編〕(上級)
船舶電気装備技術講座〔SOLAS条約と国内関連法規編〕(上級)
船舶電気装備技術講座〔自動制御と遠隔制御編編〕(上級)
通信講習用 船舶電気装備技術講座〔電気工学の基礎編〕(初級)
通信講習用 船舶電気装備技術講座〔電気機器編〕(初級)
通信講習用 船舶電気装備技術講座〔電気装備概論編〕(初級)
通信講習用 船舶電気装備技術講座〔電気艤装工事編〕(初級)
備考