日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(5月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

船舶修繕業における保船管理体制の調査研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:544位 (19,167事業中)
成果物アクセス数:13,662
更新日 : 2019年5月18日

注目度とは?

団体名 日本中小型造船工業会
団体名ふりがな にほんちゅうこがたぞうせんこうぎょうかい
年度 2003年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥3,125,933
助成金額: ¥2,500,000
事業内容 1.船舶管理業の実情調査
運行管理と保守管理の連携、船−陸間の業務分担、洋上での保守管理等について調査し、中小型造船業が参入する際の技術課題を抽出した。
(1)調査内容:船舶管理の要点・項目抽出
        造船所意見聴取
        船舶管理会社意見聴取
(2)報告書:A4版簡易製本150頁 60部
2.保守管理業に関する研修会の開催
(1)座学研修:2003年10月20日(月)〜10月23日(木) 2社2名参加
        山口県宇部市 宇部興産海運(株)会議室
        研修用テキストに基づく国際安全管理コード等
(2)乗船研修:2003年11月10日(月)〜12月10日(水) 2社2名参加
        宇部興産海運(株)所属「第5興栄丸」船上
        監理システムに基づく洋上メンテナンス作業運航管理の実態
(3)船渠工事研修:2004年1月7日(水)〜1月17日(土) 2社2名参加
        山口県下松市 (株)新笠戸ドック
        実際の工事に合わせた仕様書の確認、工事監督業務の実習
3.遠隔診断カルテの作成
 入渠予定船舶の保守に必要な技術情報(主機関・補機類等)を事前に収集するための遠隔診断カルテ標準フォームを作成した。
4.普及説明会の開催
 内航海運業に対して遠隔診断カルテ標準フォームを周知するため、普及説明会を開催した。
(1)開催日時:2004年2月23日(月) 東京都港区  37名参加
        2004年3月 5日(金) 広島県今治市 32名参加
成果物 「船舶修繕業における保線管理体制の調査研究」事業報告書
備考