日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(2月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

港市遺跡をめぐる「海のネットワーク」と「陸のネットワーク」の総合的調査研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:599位 (19,367事業中)
成果物アクセス数:12,915
更新日 : 2020年2月22日

注目度とは?

団体名 中近東文化センター
団体名ふりがな ちゅうきんとうぶんかせんたー
年度 2003年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥41,003,080
助成金額: ¥25,000,000
事業内容 「海のネットワーク」と「「陸のネットワーク」の有機的関係、港機能移動のメカニズムを実証的に研究するため、現地調査及び文献調査を行い、その成果を報告会の開催及び報告書の作成という形で一般に公開した。

1.現地調査
(1)時期:第1回(2003年7月19日〜9月16日)
      第2回(2003年12月29日〜2004年1月10日)
(2)場所・調査内容:
 a.ラーヤ遺跡城塞部中央街路南西側および海岸部居住地区の発掘調査
 b.ワーディ・アットゥール修道院遺跡内主教会ネイヴ(身廊)床面下の発掘
調査と埋葬遺体の形質人類学的調査
 c.ラーヤ遺跡とワーディ・アットゥール
修道院遺跡の保存補修作業
d.トゥール・キーラーニー遺跡上の近現代建造物の保存作業

2.考古資料の整理と収集した文献資料の研究に基づく巡礼路、交易路の研究

3.成果取り纏め
(1)調査報告会の開催
a.時期:11月22日、23日
b.場所:中近東文化センター(東京都 三鷹市)
c.参加者:約150名
(2)調査報告書の作成
 a.和文(A4版 127頁 300部)
 b.英文(A4版 119頁 400部)
成果物 エジプト・シナイ半島 ラーヤ・トゥール地域の考古学的調査第23次(2003年度)
Archaeological Survey of the Raya/al-Tur Area on the Sinai Peninsula, Egypt, 2003
備考