日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(12月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

第6回「俳句甲子園」の開催

団体名 松山青年会議所
団体名ふりがな まつやませいねんかいぎしょ
年度 2003年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥5,507,660
助成金額: ¥3,600,000
事業内容 全国の高校生を対象に「俳句甲子園」を開催する。
1.日程:2003年8月15日〜17日(前日オリエンテーション含)
2.場所:
(1)本大会:松山大街道商店街特設会場(24チーム・120名・参加費5,000円)
(2)地方大会:熊本(2チーム)愛媛(6チーム)大阪(6チーム)三重(6チーム)東京(3チーム
)の5会場計23チーム・115名
3.参加者:地方120名・全国115名(県内4校・県外20校)観客数71,000名
4.内容:
(1)全国より5人で1チームを編成し集った高校生達が、定められた兼題を題材に俳句を創作する。それぞれ作成した俳句を1句ずつ出し合い、互いの句を鑑賞する。原則的に俳句という文学的フィールドの中で、自分たちのチームの句の絶対的秀逸性を主張し、対峙するチームの句の弱点を突く。
(2)競技方法及び予定スケジュール
a.大会第1日目:予選は3ブロック6会場に分けて各会場4チーム総当りリーグ戦方式にて代 表1チームを選抜。(1試合30分)更に準々決勝をブロック毎にトーナメ ント方式にて行う。(1試合60分)
b.大会第2日目:前日敗退した全チーム代表句による敗者復活戦を行う大会第1日目同様準決勝2試合・3位決定戦・決勝戦を行う。
同会場にて表彰式を執り行ない参加者観客で健闘を称える。
C.大会終了後:フェアウェルパーティーを開催
高校生が主体となり、互いの健闘を称え、親睦を深める時間を過ごす。
成果物  
備考