日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(4月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

団員拡充モデル事業

団体名 日本海洋少年団連盟
団体名ふりがな にほんかいようしょうねんだんれんめい
年度 2003年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥8,990,587
助成金額: ¥7,192,000
事業内容 1.日本連盟の事業
(1)団活動充実強化のためのワーキンググループ開催
(2)海洋活動指導者研修の実施9月 2泊3日 参加者20名
(3)6m型カッターの保全:補修8隻、部品補充9隻、オールの整備60本
(4)新版「海洋少年団リーダーブック(指導要領解説書」、「海と船(指導要領関連資料」の作成 各2,500冊

2.実証団の事業
八戸団(青森県)、敦賀団(福井県)を実証団に指定し、次の事業を行った。
(1)海事思想の普及活動
 a.親子体験活動 b.募集用チラシ作成(八戸2,000部、敦賀10,000部)
(2)地域の特性に適応した団活動の在り方の検証
 a.(1)に参加した親子等を対象に海洋少年団活動に何を期待するか等について、アンケートを実施した。
 b.海上保安部署、市町村、B&G財団、マリーナ、競艇場、他の青少年団体等との協力連携の在り方について、それぞれ関係先と協議、検討した。
 c.これらの結果をもとに、地元有識者を交えて当該地区の指導者会議を開催し、当該地域に適応した団活動の在り方を検証。
探求するとともに、指導の面において海上保安部署、施設や資材の面において市町村やマリーナ等、共同活動の面において他の団体等との連携の在り方について検証。
(3)事業報告書の作成 各100部
成果物 平成15年度 団員拡充モデル事業報告書(八戸海洋少年団)
平成15年度 団員拡充モデル事業報告書(敦賀海洋少年団)
備考