日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(9月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

杉樹皮製油吸着材の有効利用及び微生物分解処理技術に関する調査研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:1,766位 (19,279事業中)
成果物アクセス数:1,828
更新日 : 2019年9月21日

注目度とは?

団体名 海上災害防止センター
団体名ふりがな かいじょうさいがいぼうしせんたー
年度 2003年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥5,995,538
助成金額: ¥5,995,000
事業内容 1.微生物分解処理技術の中規模フィールド実験
 杉樹皮製油吸着材「杉の油取り」は、使用後(油吸着後)、微生物の働きにより分解することが既に実験室・小規模フィールドレベルで判明しているが、本実験では、さらに規模を拡大し中規模フィールドレベルでの実験を行い、実用化に向けた調査を行った。
2.海水を含んだ油の微生物分解処理技術に関する調査研究
 杉樹皮製油吸着材「杉の油取り」は、使用後(油吸着後)、微生物の働きにより分解することが既に実験室・小規模フィールドレベルで判明しているが、本実験では、対象とする油を海水を含んだムース化油とし、微生物分解処理の能力について調査を行った。
3.実海域における油回収性能及び微生物分解処理技術の調査
杉樹皮製油吸着材「杉の油取り」の油回収性能及び油吸着後の微生物分解処理能力について実験室レベルでは既に判明しているが、実海域での油回収性能及び微生物分解処理能力についてはいまだ明らかになっていない部分があるため、実海域における油回収性能及び微生物分解処理技術の調査研究を行った。
4.研究成果の普及
(1)OCEANS2003での研究発表
(2)2003秋季造船三学会連合大会での研究発表
(3)エコプロダクツ2003での展示発表
(4)Spill Science&Technology Bulletinへの投稿
成果物 杉樹皮製油吸着材の有効利用及び微生物分解処理技術に関する調査研究報告書
備考