日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(11月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

環境分野での功労者の顕彰(UNEP国連笹川環境賞) (United Nations Environment Programme (UNEP))

団体名 United Nations Environment Program(UNEP) (国連環境計画(UNEP))
団体名ふりがな ユナイテッド ネーションズ エンバイロメント プログラム
年度 2002年度
事業種別 助成事業
実施地域 アジア
北米
中南米
ヨーロッパ
オセアニア
中東
アフリカ
実施国 アジア全体
北米全体
中南米全体
ヨーロッパ全体
オセアニア全体
中東全体
アフリカ全体
事業金額
事業費総額: ¥44,100,032
助成金額: ¥34,179,300
事業内容 1.2002年度 UNEP国連笹川環境賞の顕彰
(1)受賞候補者募集資料の配布 2002年1月〜3月
(2)候補者募集締め切り 2002年4月30日 総応募数79名
(3)候補者リストを選考委員に送付 2002年5月半ば
(4)ジュネーブにて選考委員会の開催、受賞者をアショク コシュラ氏に決定 2002年7月4日
(5)選考委員会議長からUNEP理事への報告、UNEP理事から国連事務局へ選考委員会での決定事項を報告 
(6)笹川環境賞授与式典の準備 2002年8月開始
(7)国連笹川環境賞授与式典の開催 2002年11月
本年度受賞者について100以上のメディアで紹介された。
式典参加者から、式典はうまく運営され、受賞者の選考も素晴らしかったとの前向きなコメントを得た。

2.2003年度に向けての活動
(1)2003年度受賞候補者募集の資料作成   
(2)上記資料配布(約5,000名の個人・団体)
(3)上記資料込みのUNEP機関誌「Our Planet」の発行(2万部発行、8万人の読者層)
(4)上記資料をウェブ上に紹介(100万人以上の読者層)
成果物  
備考