日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(3月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

ケアする人のケア・サポートシステム構築のための調査研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:1,280位 (19,400事業中)
成果物アクセス数:4,138
更新日 : 2020年3月28日

注目度とは?

団体名 たんぽぽの家
団体名ふりがな たんぽぽのいえ
年度 2002年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥7,665,310
助成金額: ¥6,000,000
事業内容 @ケアする人のケア・サポートセンターの開設
 「ケアする人のケア」事務局への電話やEメールによる照会や相談を分析しフィードバックしながら、サポートセンターの役割や機能、今後の運営などについて検討する委員会を年間5回開く。そして、これまでの助成により培ったノウハウやネットワークを今後継続して展開していくための事務局として「ケアする人のケア・サポートセンター(仮)」を開設する。
Aケアコーチ養成プログラムの実施
 2001年度に実施しているケアコーチングのプログラムは、表現や対話をとおして、他者のセルフケアを促し、自己のセルフケアにも気づくことを目的としている。この講座の参加者がコーチングを実際に身に付けるためには、さらに充実したプログラムを実施する必要がある。前年度に実施したプログラムにワークショップや実習を取り入れた人材養成コースとしてプログラムを5日間実施する。
Bフォーラムの実施
 これまで2回にわたって開催してきた研究集会には、のべ500人が参加し、「ケアの文化」や「魂の交流」をキーワードに議論をしてきた。そして、ケアの価値に目を向け、ケアする人のケアの重要性を全国的に広げ、現場のニーズに応えるシステムの必要性が高まってきている。そこで、ケアする人のケアの理念、手法、プログラムを広く普及することを目的に、全国5箇所でフォーラムを開催する。
Cケアコーチ実践ハンドブックの作成
 プログラムを広く共有し、普遍化するために、ケアコーチ養成プログラムの実施をもとにハンドブックを3000部作成し配布する。
成果物 「ケアする人のケア」日米フォーラム チラシ
「ケアする人のケア」日米フォーラム
セルフケア・ノート 魂の世話
掲載誌(新聞・雑誌)
備考