日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(7月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

サンゴ礁の保全と回復を目的とした研究調査

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:879位 (19,233事業中)
成果物アクセス数:7,540
更新日 : 2019年7月20日

注目度とは?

団体名 熱帯海洋生態研究振興財団
団体名ふりがな ねったいかいようせいたいけんきゅうしんこうざいだん
年度 2002年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥16,044,269
助成金額: ¥11,300,000
事業内容 1.琉球列島、主に慶良間諸島のサンゴ礁の現状、即ち健全度や被覆度などを知るために4箇所の定線について観測した。
2.サンゴ優先種について単位面積当たりの幼生発生量を調べる調査研究を実施した。200万個体以上のサンゴ幼生を着生可能時期まで維持することに成功し、その大量種苗生産方法をほぼ確立した。
3.産卵および幼生の供給と流れの関係について研究を行い、慶良間海域が沖縄本島周辺へのサンゴ幼生の供給源になっていることを検証した
4.サンゴ種苗の生産と放流手法について、阿嘉島周辺で2002年5月〜8月に野外でのサンゴの夜間観察や生殖腺調査及び水槽内での産卵観察等を行ってサンゴの産卵生態を詳細に調べた。
5.サンゴ断片の移植実験を行い、断片の大きさ,種類、移植時期などと生存率(移植成功率)との関係を明らかにするための研究を行い、移植技術の向上を図った。
6.ダイビングによるサンゴ礁劣化の程度を、、前年度に続いて座間味村内のダイビング協会とともに行ったリーフチェックの結果をもとに検討した。
7.研究成果等の発表およびサンゴ礁保全・修復等を目的とした教育啓蒙活動のため、ホームページの内容を充実し、サンゴ礁及びサンゴ礁生態系に関する最新の知見を充実させた。
8.有孔虫(星砂)やサンゴに関するリーフレット作成を教育啓蒙活動の一環として行った。
成果物 みどりいし 14号
サンゴの昼と夜
ホシズナの海辺
備考