日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(9月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

子供達に海と船を語る企画「船長、母校へ帰る」

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:1,562位 (19,279事業中)
成果物アクセス数:2,546
更新日 : 2019年9月21日

注目度とは?

団体名 日本船長協会
団体名ふりがな にほんせんちょうきょうかい
年度 2002年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥4,061,860
助成金額: ¥3,290,000
事業内容 学校の講堂・体育館を利用してビデオの上映や講演を行った。対象は、4年生以上の小学校高学年及び中学生。内容は下記の通り

1.講演回数:6回
2.参加者:989名
3.講演場所:山梨県、埼玉県、香川県、兵庫県、熊本県、千葉県
4.船長が「海」、「船」、「船長」などについて自らの体験を交えた講演を行なった。
5.ビデオ「海と船」の上映、資料・パンフレットの配布を行い、視覚にも訴えた。
6.質疑応答の時間を設け、子供達の疑問に答える。
7.45分程度の講演を含め、全体で約1時間30分。
8.船長は制服姿で講演した。
成果物 「海と船」(小学校における講演に使用) 成果物サムネイル画像
「月報 CAPTAIN」 第352号?356号
備考