日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(10月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

NPO・行政のパートナーシップづくりー協働の共通概念の構築ー

団体名 NPOくまもと
団体名ふりがな えぬぴーおーくまもと
年度 2002年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥2,462,366
助成金額: ¥2,000,000
事業内容 行政関係者と協働でワーキンググループを立ち上げ「協働」の共通概念を構築する。
※当事業に取り組む姿勢:より良い地域社会を創り上げるために、ボランティア団体も含めたNPOと行政が協働して住民に対してサービスを提供していくことが必要不可欠である。現況では、個々のNPOが自発的に活動していて、必ずしも他のNPOや行政との協働が図られていない状況にある。そこで、当事業では同じ目標を持ったNPOや行政との協働を推進するため、意見交換会や研修会を開催し、パートナーシップの具体的なあり方を検討するとともに、実際に協働して事業に取り組んだ。
※具体的内容:協働の共通概念の構築のためのワーキンググループの立ち上げ及び検討会  行政関係者、外部協力者(熊本県NPO・ボランティア協働センター等)と当法人会員事等で構成。
※事業計画
第1回「NPOとしてのミッション」(八代市)
第2回「自治体が提供している行政サービスの中にNPOと競合するものがあるかを考える」(本渡市)
第3回「「協働」を問いかけたら・・・。」(人吉市)
第4回「NPOと行政が「協働」して取り組める事業を具体化する」(熊本市)
第5回「「協働」として取り組む事業のアイディア策定−NPOと行政のコラボレーション−」(熊本市)
※事業実施
1 立ち上げ開始時に、シンポジウム開催。
  「自治体とNPOとの「協働」はなぜ必要か」  
2 ワーキンググループ検討会資料としてのNPOを対象とした実態調査(ヒアリング調査)
3 チラシ・ポスターの作成 4 報告書の作成 5 報告書の発送
成果物  
備考