日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(11月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 日本財団の事業一覧 > 日本財団の事業情報

日本財団の事業情報

事業名 ボランティアに関する情報の収集及び提供
団体名 日本財団 (The Nippon Foundation)
団体名ふりがな にっぽんざいだん
協力団体名  
年度 2001年度
事業種別 自主事業
実施地域  
実施国  
事業金額 事業費:¥21,816,006
事業内容 1.ボランティア活動支援事業(助成金)及び福祉車両配備事業の募集案内等の作成(情報提供)
助成金関係ポスター・チラシ(2001年度下期募集用)及び福祉車両(車いす対応車)関係ポスター・チラシをそれぞれ作成・配付し周知を図った。

2.ボランティア・NPO団体の現地調査
現地調査出張については、年間出張計画を作成し実施した。(延べ82回、150箇所)
※災害ボランティア活動支援に係る現地調査は、高知県南西部豪雨水害(9月)に対して行ない、現地災害ボランティア本部の立上げを支援した。

3.福祉車両事務説明会の実施
2001年度福祉車両(車いす対応車)決定317団体(ボランティア団体/NPO法人)に対し3箇所で事務説明会を実施した。
・福岡:2001年11月27日 (梅田スカイビル) 50名
・大阪:2001年11月29日 (博多スターレーン展示会場) 130名
・東京:2001年12月4日 (船の科学館) 230名

4.「里山保全に係るマネジメントセミナー」の助成事業による全国展開のための情報提供

里山保全マネジメントセミナーの開催
これまで、組織のマネジメントの概念が希薄であった里山保全ボランティア団体を対象に、全国のNPO支援センターの中から下記の4箇所とパートナーシップを組み調査をおこない、助成事業として里山保全マネジメントセミナーを実施した。
このセミナーは、里山保全団体がより安定的、発展的に活動を展開できるよう、1)活動の計画性、2)組織運営、3)資金調達、4)ネットワークといった4つの切り口から、ワークショップに重点をおいたセミナーを実施した。
<熊本>開催日:2002年3月2日
          開催場所:熊本市総合女性センター2F 多目的ホール
          参加者:47名
          助成先:特定非営利活動法人 NPOくまもと
<愛知>開催日:2002年3月2日
          開催場所:児ノ口公園およびとよた市民活動センター
          参加者:90名
          助成先:特定非営利活動法人 ボランタリーネイバーズ
<長野>開催日:2002年3月3日
          開催場所:長野市ふれあい福祉センター 5F大ホール
          参加者:107名
          助成先:特定非営利活動法人 長野県NPOセンター
<茨城>開催日:2002年3月10日
          開催場所:宍塚大池および宍塚小学校
          参加者:72名
          助成先:特定非営利活動法人 茨城NPOセンターコモンズ
参加した里山保全団体にワークショップを中心としたセミナーを開催することで、会員の集め方や、役割分担、資金調達といった具体的な問題解決に対して、マネジメントの概念が有効であることが認識されたとともに、各地域内での里山保全グループ同士のネットワークおよび各地のNPOサポートセンターと里山保全団体間でのネットワークの構築に貢献した。

5.NPO支援センターに対する評価及び特別プログラムの策定
ボランティア支援部では、地域におけるNPO活動振興の拠点機能を担うであろうことを期待して、各地のNPO支援センターに対して5年間にわたり支援してきた。その際、それらの中間評価を行いその評価を踏まえた新たなプログラムを策定することを目的として、当財団職員によるプロジェクトチームを結成し、昨年度から今年度にかけて全国24箇所のNPO支援センターを訪問調査した。その結果、組織力基準・企画力基準などセンターに対する総合的な評価基準を一定程度確立するとともに24箇所への中間評価を終えた。総括的に言えることは、成果を出しているセンターといえども人材不足に苦慮している点である。また、各センターがそれぞれの地域特性等に根ざした強みを十分に発揮していないケースも多い。そこでそれらの強化を目指すプログラム
を策定し、2002年度に実施することとする。


◇事業の成果◇

助成金、福祉車両の申請件数は、増加傾向にあり、地域におけるボランティアニーズの高まりとともにボランティア団体の活動がいよいよ重要性を増していることがうかがわれる。こうしたボランティア団体の活動状況を一層的確に捉え、効果的な支援を行なうために、現地調査などの情報収集や人脈づくりを更に意識して行なうとともに、申請情報や調査研究事業の開催情報を積極的に各地NPOサポートセンター、ボランティアセンターなどをとおしてボランティア団体に提供をすることができた。
成果物  
備考