日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(5月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

第4回「俳句甲子園」の開催

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:1,228位 (19,167事業中)
成果物アクセス数:4,254
更新日 : 2019年5月18日

注目度とは?

団体名 松山青年会議所
団体名ふりがな まつやませいねんかいぎしょ
年度 2001年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥3,709,484
助成金額: ¥2,967,000
事業内容 日程:8/17・18・19
場所:松山市野外活動センター・松山大街道商店街・三越アトリウムコート
参加者:全国の高校生(県内10チーム・県外14チーム計24チーム、総勢120名
その他観客等市民70,000人を動員した。
内容:定められた兼題(テーマ)に対し各々が俳句創作。
・5人編成の2チームが赤白に分かれ、先鋒・次峰・中堅・副将・大将戦と1対1の対戦形式で試合を行った。
・お互いに俳句という文学的フィールドの中で協議対象句に対する個々の見識・感受性・創造力を競い研鑚することを目的として、それぞれの俳句の創作ポイント(俳句の創作ポイントを審査員各員が総合的に評価)と、互いの俳句に対する鑑賞ポイント(対戦ごとに、2句に対するチームの質疑応答を対象として審査員各員がチームの総合鑑賞力を評価)の合計(合計ポイントが同じ場合は、創作ポイントの高いチームの勝利)を対戦ごとに競い、先に3勝したチームの勝利とした。
・予選リーグ後、敗者復活戦、決勝トーナメントを順次行った。
募集方法:関係資料送付後の直接訪問と共催者である松山市が正岡子規にゆかりのある自治体の首長並びに教育関係者に直接呼びかけた。
成果物 第4回「俳句甲子園」試合結果 報告書
第4回「俳句甲子園」ガイドブック
第4回「俳句甲子園」募集ポスター
第4回「俳句甲子園」アンケート結果報告書
備考