日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(7月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

衛星アルチメトリ・データを用いた海底地形の研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:834位 (19,229事業中)
成果物アクセス数:8,038
更新日 : 2019年7月13日

注目度とは?

団体名 日本水路協会
団体名ふりがな にほんすいろきょうかい
年度 2001年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥16,147,502
助成金額: ¥12,900,000
事業内容 1)メッシュ区分の検討
船舶による水深データ及びアルチメトリ・データの分布、海底地殻構造による海域区分等に基づき、2分メッシュ、1分メッシュ、500mメッシュでメッシュ区分を行う海域を検討した。
2)複雑な海底地殻構造に対する海底地形推算手法の検討
複雑な海底地殻構造を有するモデル海域を3海域選定し、海底地殻構造に応じたアルチメトリ・データによる海底地形推算手法を検討した。
a.推算手法の検討
(a) アルチメトリ・データからの推算手法の検討
(b) 実測水深データとの比較検討
(c) 補正値等の算出方法の検討
b.プログラム作成
c.推算計算結果の検討
3)メッシュデータの作成
上記1)で検討したメッシュ区分に従って、船舶による実測水深データ及びアルチメトリ・データを用い、前年度試作した手法により2分、1分、 500mメッシュの海底地形データを作成した。
a.船舶による実測水深データの整理
b.メッシュデータの作成
4)コンター(等深線)図の作成
船舶による実測水深データ及び作成したメッシュデータを基に、北西太平洋を覆う海域における100m〜500m間隔のコンター図を作成した。
a.コンター図の作成
b.コンター図の修正
成果物 衛星アルチメトリ・データを用いた海底地形の研究 その3
備考