日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(10月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

海象等航海支援情報の電子海図等への統合化に関する調査研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:1,461位 (19,285事業中)
成果物アクセス数:2,971
更新日 : 2019年10月12日

注目度とは?

団体名 日本水路協会
団体名ふりがな にほんすいろきょうかい
年度 2001年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥16,011,174
助成金額: ¥8,005,000
事業内容 1.基図情報データ整備・編集:
 PECの基図情報として航海用電子参考図1/10万シリーズの対象海域における10m等深線以浅海域の障害物、その他航海海上参考となる情報データを整備・編集した。
2.航海支援情報データファイル表示ソフトウエア作成:
 予測情報である潮汐、日出没、月齢、潮流の各データについて電子潮見表を読み込み利用できる統合データファイル表示ソフトウエアを作成した。
3.基図情報表示ソフト改良開発:
 ENC、ERC及びPECの基図情報を汎用パソコンで表示できるソフトウエアを改良開発した。
4.PEC試作及び海上検証実験:
 対象海域のPECを最終的な機能を採用して試作し、汎用パソコンとGPS受信機との構成による簡易表示システムを用いて基図情報及び表示を含む航海支援機能ソフトウエアの作動確認及び表示制度等の検証を実海域で実施した。
5.最新維持ソフトウエア開発:
 電子水路通報によりERC、PECの基図情報の最新維持が可能なパソコン用ソフトウエアを開発した。
成果物 海象等航海支援情報の電子海図等への統合化に関する調査研究 その3
備考