日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(6月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

国際ワークショップの開催 (Hold a International Workshop)

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:1,433位 (18,747事業中)
成果物アクセス数:2,928
更新日 : 2018年6月16日

注目度とは?

団体名 ライフ・プランニング・センター
団体名ふりがな らいふ ぷらんにんぐ せんたー
年度 2001年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥5,263,208
助成金額: ¥3,100,000
事業内容 早期退院患者ケアのワークショップ
1)海外講師による講演から、カナダにおける「早期退院患者ケアのマネージメント」(ヘルスケア・システムの変遷、患者人口の動態、病院でのケアの特徴、退院患者の特徴、コミュニケーション・システムのあり方、紹介状に関連する問題、病院ー在宅ケアにおける研究、退院に向けてのアセスメント・フォーム、患者ケアにおける家族の役割、継続ケア状況の変化、2000年以降のヘルスケア医療従事者、将来の[ケア」のシナリオ等)について学ぶ。
2)国内講師による講演から、日本の病院における在院日数・経営および行政の動向、在宅医療の現状等を確認しあう。
3)「病院から在宅への移行時の問題点と解決方法」をテーマとするフォーラムによって意見・感想を出し合う。
4)講演・フォーラムを受けて、「退院から在宅への円滑な連携に必要とされるものー教育・技術・システムの変革」をテーマとしたシンポジュームにおいて日本の保健衛生教育、医療をどう変革していけばよいかを話し合う。
成果物 早期退院をめざすための技術と戦略 ?保健医療職に必要な患者ケアの技法に何があるか?
備考