日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(11月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 日本財団の事業一覧 > 日本財団の事業情報

日本財団の事業情報

事業名 インターネットを利用した公益活動に関する調査
団体名 日本財団 (The Nippon Foundation)
団体名ふりがな にっぽんざいだん
協力団体名  
年度 2000年度
事業種別 自主事業
実施地域 アジア
実施国 日本
事業金額 事業費:¥1,222,309
事業内容 ◇実施の内容◇
急激に変化しつつある情報技術において最新事情の調査及び事業の実施者である団体等に直接話を聞くなど、事業の目的である社会ニーズに即し、公益活動の手段としてインターネットホームページの利用及びシステムの考え方等について調査を行った。

◇実施の方法◇
(1)インターネット、ホームページによる公益事業の支援に関する調査
1)期間:2000年4月1日から2001年3月31日まで
2)調査方法
 a.文献調査
 b.インターネット、NPO学会、情報技術関連の会議出席等聞取り訪問調査ほか
3)調査内容
a.文献調査
非営利組織におけるインターネットの取り組み、国内外におけるインタネットの現状と取り組み等
b.訪問調査
NPO学会に出席し、日本財団の情報支援システム等についての発表や現状について聞取りを行なった。

◇本事業の成果◇

本事業は、非営利組織におけるインターネットの現状及び情報の提供において調査を行なった結果、今後の日本財団の情報の持ち方及び利用について多くの示唆を得ることができた。

(1)NPO団体からみた日本財団に期待する情報
他の団体の行なっている事業や活動等、日本財団が持っている情報のほか、事業を行なうにあたっての諸情報について今後も積極的に出していくことが必要であると思われる。

(2)非営利組織における業務改革と助成財団における事業管理について
非営利組織は社会ニーズに非常に敏感であり社会の流れに合せて変化しているため、助成団体も柔軟な対応をすることが事業を円滑に行なうため必要となる。より円滑に事業を行なうには事業管理をシステム的に管理することで必要な情報をすぐに取り出せること、事業のライフサイクルとスケジュールを把握できること、カテゴリーやステータスで事業を把握できるため今後の情報公開においても非常に有効であると思われる。
成果物  
備考