日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(11月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 日本財団の事業一覧 > 日本財団の事業情報

日本財団の事業情報

事業名 スポーツ・文化・福祉等の実情調査及び在宅福祉サービスの振興
団体名 日本財団 (The Nippon Foundation)
団体名ふりがな にっぽんざいだん
協力団体名  
年度 2000年度
事業種別 自主事業
実施地域 アジア
実施国 日本
事業金額 事業費:¥5,741,853
事業内容 (1)実情調査

1)実情調査
a. 期 間:2000年4月〜2001年3月
b. 場 所:都内及び助成事業実施地等
c. 内 容:舞台、大会、シンポジウム等の助成先の視察、及び特に芸術分野、不登校問題を中心とした関係者との意見交換。

2)屋内ゲートボール場の活用状況調査
1.検討会の開催
a 日時: 2001年3月
b 場所: 日本財団会議室
c 構成: 笹川スポーツ財団、日本ゲートボール連合、日本財団
d 内容: 活用状況調査の目的と戦略等基本計画の検討

(2)在宅福祉サービス

1)説明会の開催
a. 日 時: 2001年2月20日
b. 場 所: 東京都品川区「船の科学館」
c. 参加人数: 約400人
d. 内 容: 2000年度「福祉車両の整備」事業事務説明会の開催


(3)ユニバーサルトイレ整備のための調査研究

1)委員会の開催
a. テーマ:ユニバーサルデザイン導入の実態把握
ユニバーサルトイレ導入の必要性と課題の検討
ユニバーサルデザイン導入の手法と方策
対象団体と支援方策
b. 開催回数:3回(10月、12月、2月)
c. 委員人数:5名

2)実態調査
a. タイトル:トイレにおけるユニバーサルデザインの導入の実態・意向調査
b. 調査時期:2000年11月
c. 実施対象:地方公共団体
d. 対象施設:公共トイレ
e. 調査内容:公共施設のトイレにおけるユニバーサルデザイン導入の実態
公共施設におけるユニバーサルデザイン導入の根拠となる条例、基準、規格、制度などの有無

今後の施設整備計画におけるユニバーサルデザイン導入方法

助成についての意向の把握

3)研究会
ユニバーサルデザインに関する情報・意見の交換の場の提供
a. 開催回数:2回
b. 開催場所:日本財団ホール
c. 講 師:委員ほか
d. 参加者等:トイレ協会会員、自治体、その他一般
公衆トイレや公共施設のトイレにおけるユニバーサルデザイン導入手法・導入

内容の検討


◇実施の方法◇

(1)実情調査
本財団で計画を策定したほか、笹川スポーツ財団や日本ゲートボール連合の協力により検討会を設けて実施した。

(2)在宅福祉サービス
本財団で計画を策定し、実施した。

(3)ユニバーサルトイレ整備のための調査研究
専門機関(日本トイレ協会)と協力し、専門家による委員会を設け実施した。

◇事業の成果◇

(1)実情調査
助成先の視察や意見交換、スポーツ、芸術分野を中心とした関係者との意見交換やインタビュー等
の情報収集をした結果、各分野の現状及び ニーズや課題を把握することができた。
また、不登校問題については有識者を招いての意見交換を行う等、事業の方向性を模索し、今後の
具体的な事業に結び付けるきっかけとなった。
一方、屋内ゲートボール場の調査については、これまで考えてきた下案をもとに調査の目的と調査
結果の活用について、関係団体からのより広い視点を組み入れた検討を行い、調査の幅を持たせる
工夫をした。これによりスポーツ関係団体の協力体制、ネットワーク化の強化も期待できるところ
である。
(2)在宅福祉サービス
2000年4月から介護保険制度が導入され、老人福祉施設の在り方も大きくかわりつつある。
本財団はこれまで老人福祉施設の整備に努めてきたが、今後は在宅サービスを中心とした支援を推
進していかなければならない。
助成事業において訪問入浴車や車椅子対応車などの福祉車両の整備を実施し、その手続き、車両の
仕様等を説明し、助成事業の円滑な実施を図り、もって在宅福祉サービスの振興に寄与したと確信
する。
(3)ユニバーサルトイレ整備のための調査研究
障害者や高齢者など誰にでも使いやすいトイレを整備するための調査研究を行ない、研究者や建
築家、障害をもつ人々などから多くの情報を収 集した。
また地方公共団体のトイレ整備について実態調査を行ない、将来の協力体制の可能性やニーズそ
の他についても検討を行なった。
これらの調査研究により、ユニバーサルトイレの問題点や必要な機能などの情報が整理され、今
後の、ユニバーサルトイレをつくっていく仕組みづくり〜実際のトイレ整備にむけての第一段階
を終了した。
成果物  
備考