日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(8月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

小型船舶の安全確保

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:1,215位 (19,256事業中)
成果物アクセス数:4,382
更新日 : 2019年8月17日

注目度とは?

団体名 中部小型船安全協会
団体名ふりがな ちゅうぶこがたせんあんぜんきょうかい
年度 2000年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥4,400,225
助成金額: ¥3,300,000
事業内容 @教育活動(海上安全講習会及び水上オ−トバイ実技講習会)
プレジャーボート等の所有者、運航者に対して海難事故の実態、防止対策、海の交通ル−ル、気象・海象等について、7地区(受講者数323名)において安全講習会を実施した。
A安全活動
a.海上安全指導員連絡調整会議及び研修:平成12年度における現場指導活動についての実施要領、実施日程、実施場所海域等について検討調整を行うとともに海上安全指導員に対し各海上保安部署所在地にて実施した。(開催:6部署、参加指導員66名)
B.海上安全指導員による現場指導:土・日・祝等を重点にプレジャーボート等の基地、係留所等の現場において航海計画、法定書類及び備品,船体機器の整備並びに連絡方法、出入港届の提出等について、5海域において計386回を指導した。
B広報活動
a.広報誌の発行〈マリ−ンエンゼル (66号) (67号):プレジャーボート等への安全、事故防止について啓蒙を図るため有識者等の意見及び海難統計、中部小型船安全協会の行事紹介等の情報をもとに作成配布した。(各500部)
B.ポスタ−の作成:海難防止を呼びかけたポスタ−を作成した( 600部を会員・関係官庁等へ配布)
c. パンフレットの作成「海洋レジャ−を楽しく安全に」平成12年@,A( 600部×2回を会員・関係官庁等へ配布)
C海事思想普及活動(海洋安全教室):海におけるレジャ−の安全と海洋汚染の防止を図るため、夏休み中の小学生及びその保護者を対象に海洋安全教室を開催し、恵まれない子供約50名を招待して、「海に関する話」「救難胴衣着装訓練」などを行った。(参加者330名)
成果物 海上安全指導員のしおり
安全運航のしおり
マリーン・エンゼル 第66号
マリーン・エンゼル 第67号
「海洋レジャーを楽しく安全に(1)」パンフレット
「海洋レジャーを楽しく安全に(2)」パンフレット
「さあ出港!機関も天気も大丈夫!?」ポスター
備考