日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(7月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

サンゴ礁環境の保全に関する共同研究調査

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:6,602位 (19,229事業中)
成果物アクセス数:91
更新日 : 2019年7月13日

注目度とは?

団体名 熱帯海洋生態研究振興財団
団体名ふりがな ねったいかいようせいたいけんきゅうしんこうざいだん
年度 2000年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥11,958,961
助成金額: ¥7,000,000
事業内容 (1)サンゴ礁の保護、回復に関する研究・劣化解明、サンゴ礁の生態学的効果、観光資源としてのサンゴ礁効果の評価等のために必要な基礎調査を行った。
@調査海域:阿嘉島周辺海域
A調査内容:造礁サンゴの分布、被覆度、現存量、現場環境(水温・塩分・照度・水質・食害生物による捕食の実態)等
B調査回数:年6回

(2)サンゴ礁の修復方法(人為的なサンゴ増殖)の研究
移植方法(サンゴの成長、無性生殖による修復方法)と種苗方法(有性生殖による修復方法)についての研究に着手した。

(3)国際サンゴ礁シンポジウム出席
@期間:平成12年10月23〜27日
A場所:インドネシア・バリ
B発表内容:「神経ペプチドによるミドリイシ属サンゴの変態誘引」「阿嘉島における造礁サンゴの白化とその後の推移」

(4)報告書の作成・配布
研究成果を機関誌「みどりいし」 に取りまとめ、国内外の研究者・研究機関等へ配布した。
成果物 みどりいし12 (http://www.amsl.or.jp)
備考