日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(12月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

基盤整備

団体名 日本船舶電装協会
団体名ふりがな にほんせんぱくでんそうきょうかい
年度 2000年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥63,700,000
助成金額: ¥63,700,000
事業内容 (1) 業界における高い組織率を確保するため全国8ヶ所の支部を
通じて、協会未加盟事業者の入会促進に努めた。
(2) 会員企業の経営の合理化の推進
@ 会員からの経営に関する要望事項等に対する業界としての対応
策を検討した。
A 日本財団及び関係機関で実施する種々の中小企業金融対策につ
いての広報及び斡旋を行った。
B 技術者等人材確保のため協会表彰の実施、国家表彰等の推薦を
行った。
(3) 関係機関に対して、国における電装認定事業者、レーダー等
認定事業者及びGMDSS設備サービス・ステーション制度の活用
について要請すると共に関係団体に対してもその趣旨の徹底につい
て理解を深めた。
(4) 会員企業の技術力の向上を図るため、日本財団の補助を得て
船舶電気装備に関する技術指導、船舶の電気装備技術の向上及び船
舶電装業の経営合理化に関する指導事業を中心とした事業について
協会の組織を動員して実施した。
(5) 協会の広報誌「船舶電装」及び「船舶電装・速報」を刊行。
(6) 支部の活性化及び組織の充実を図るため次の事業を実施。
@ 支部活動を充実し、新規入会者の促進。
A 支部組織を強化するため支部の下部組織である地区部会を充実し
た。
B 全国支部長会議を開催し船舶電装業界の組織の充実に努めた。
C 会員各位の要望・相談等に対処するため支部単位の技術・経営セ
ミナー等を開催し本部・支部間及び会員相互間の意志疎通の円滑
化。
成果物  
備考