日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(11月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 日本財団の事業一覧 > 日本財団の事業情報

日本財団の事業情報

事業名 海外協力援助事業に係る実情調査及び事業管理の改善
団体名 日本財団 (The Nippon Foundation)
団体名ふりがな にっぽんざいだん
協力団体名  
年度 1999年度
事業種別 自主事業
実施地域 アジア
実施国 日本
事業金額 事業費:¥26,887,488
事業内容 (1)実情調査
 主として国際部職員が、世界各国・各地域に行き、事業の進捗状況等の確認、各国・各地域の現状や 関係者に関する情報収集等の調査、打ち合わせを随時行う。

(2)専門家等からの情報収集
 国内外の専門家や関係者を招聘し、意見交換等を随時行う。

(3)事業管理の改善
 関連財団や適当な組織の人材を起用(あるいは委託)し、事業管理システムの改善、事業の審査から実施、管理等に係る諸業務を改善する。


◇実施の方法◇

(1)実情調査
 本会で調査先を選定し実施した。

(2)専門家等からの情報収集
 本会で専門家等を選定し懇談会、情報交換会等を実施した。

(3)事業管理の改善
 具体的な事業は実施しなかった。



■事業の成果■

(1)実情調査
海外援助事業をより効果的に実施していく必要が生じており、援助対象機関、対象国・地域を本会職員が直接訪問し、援助対象機関代表者および現場責任者、当該国政府関係者、海外助成財団関係者、大学関係者、NPO関係者等との面談を実施し、海外協力援助事業の成果や今後の課題等について実情の把握につとめた。

(2)専門家等からの情報収集
インフォメーション・テクノロジー関係者、文化交流事業関係者、障害者支援事業関係者など様々な分野における専門家との懇談会、会合を実施し、新しい動きや問題などにつき情報を収集し、今後の海外協力援助事業の方向性についての意見交換を行った。

(3)事業管理の改善
上述の通り実施しなかったため、成果はなし。
成果物  
備考