日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(6月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

海洋汚染事故における民間協力体制のあり方に関する調査

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:1,124位 (19,203事業中)
成果物アクセス数:4,996
更新日 : 2019年6月15日

注目度とは?

団体名 日本海難防止協会
団体名ふりがな にっぽんかいなんぼうしきょうかい
年度 1999年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥1,348,771
助成金額: ¥1,059,000
事業内容 調査の内容を項目を挙げて記す。
@ 基礎的事項及び参考事項の整理
既存文献・資料等の調査をもとに、本調査を進めるに当たって必要な基礎的事項、参考事項等について整理。
A 諸外国における災害ボランティア活動実態調査
資料等の調査及び関係者へのヒアリングをもとに、諸外国における災害ボランティア活動の実態等を調査した。
B ナホトカ号事故における野生動物救護ボランティア活動実態調査
資料等の調査及び関係者へのヒアリングをもとに、ナホトカ号事故における野生動物救護ボランティア活動の実態及びその後の展開について調査した。
C ナホトカ号事故時の災害ボランティア活動実態調査
資料等の調査及び関係者へのヒアリングをもとに、ナホトカ号事故時の災害ボランティア活動の実態を調査。
D 災害ボランティア活動に関する検討課題と解決方法に関する考察
これらの調査結果をもとに、国家緊急時計画の主旨に則った災害ボランティア活動のあり方等を視野に入れた上で、検討すべき課題を整理するとともに、その解決方法について考察を行った。
成果物 海洋汚染事故における災害ボランティア活動に関する民間専門家及び研究者による検討会報告書
備考