日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(6月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

運輸交通における地球環境問題に関する調査研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:72位 (19,203事業中)
成果物アクセス数:141,609
更新日 : 2019年6月15日

注目度とは?

団体名 交通エコロジー・モビリティ財団
団体名ふりがな こうつうえころじーもびりてぃざいだん
年度 1999年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥69,764,801
助成金額: ¥69,764,000
事業内容 (1)地球環境事業の将来ビジョン調査
@ビジョン検討
A新海上交通システム a.ニーズ調査、新海上交通システムの試設計b.システム導入によるCO2排出削減量の推定と費用対効果の検討
(2)エコ交通に関する調査研究
@公共交通等、交通体系のあり方、施策の現状と動向
A 地域における自動車共有システムの現状と動向
(3)短時間のアイドリングストップの有効性実測
@供試車両の選定と台上試験実施
(4)一般商船による北太平洋の温室効果ガスの観測
@観測システムにおける総合的データ処理の構築
A北太平洋を航行する一般船舶によるCO2濃度、塩分、水温の観測
Bデータ解析、大気−海洋間のCO2濃度の動態変動分析
(5)鉄道車両内への自転車持ち込みモデル事業
@モデル事業者、モデル線区状況調査 A車両等施設改造に係わる調査 Bモデル実験の実施とアンケート調査
(6)先進的な環境対策活動モデル事業
@ポケベル傭車システムの普及セミナー開催 A料金決済等貸借関係決済システムの検討
成果物 環境事業将来ビジョンに係わる調査報告書
新海上交通システムの調査研究報告書
エコ交通に関する調査研究報告書
短時間のアイドリングストップの有効性実測報告書
一般商船による北太平洋の温室効果ガスの観測報告書(2)
鉄道車両内への自転車持ち込みに関するモデル事業調査報告書
先進的な環境対策活動モデル事業報告書
備考