日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(5月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

ICカードの導入促進のための調査研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:2,533位 (19,185事業中)
成果物アクセス数:710
更新日 : 2019年5月25日

注目度とは?

団体名 運輸総合研究所
団体名ふりがな うんゆそうごうけんきゅうしょ
年度 1999年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥9,084,565
助成金額: ¥7,267,000
事業内容 (1)導入推進策等の検討
a事業者が実際にICカードを活用した共通乗車カードを導入した際の事業合理化等の効果として、予測モデルを作成したうえで数値的検証等を行った。
(業務合理化) ・改札機のメンテナンスコストの減少
・乗車券の購入、精算行為の減少による小銭のハンドリングコストの減少・不正乗車防止効果 (サービスの向上) ・ラッシュ時における改札機での混雑緩和 ・停車時間の短縮(バスの場合) ・時間帯による割引、マイレ−ジサービス等の新たなサービスによる効果 ・導入促進のための導入事業者への助成制度(既存補助制度、低利融資制度の活用、等)の枠組みについて検討した。
・以上の結果を、ICカードを活用した共通乗車カードの導入促進のためのマニュアルを作成した。
(2)システムの標準仕様の確定
・実証試験の結果を分析しシステムの標準仕様を最終的に確定した。・標準仕様をどのような形で維持管理し、カード機能への新たなニーズが生じたときに仕様の一部変更をどのように行うか等の、標準仕様の維持管理を行うための方策について検討し、取りまとめを行った。

成果物 研究調査報告書要旨 2000.No.7
備考