日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(11月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 日本財団の事業一覧 > 日本財団の事業情報

日本財団の事業情報

事業名 アジア研究基金の活動支援及び新規事業発掘のための調査
団体名 日本財団 (The Nippon Foundation)
団体名ふりがな にっぽんざいだん
協力団体名  
年度 1998年度
事業種別 自主事業
実施地域 アジア
実施国 日本
事業金額 事業費:¥6,189,020
事業内容 本事業は、当財団海外協力援助事業(平成7年度)の一環として、新たな日韓関係の構築を目指し、学者、研究者、専門家による共同研究、学術交流など日韓の民間レベルの共同作業の場を提供するため、韓国の延世大学に設置したアジア研究基金(10億円)の活動を支援すること、また、本基金を核に、日韓の専門家(学者、研究者、ジャーナリスト等)、有識者間の交流と議論の場の提供、日韓共同事業や北東アジア地域における事業の開発を目指して実施した。
1)日時:平成10年4月19日
場所:京都
内容:基金運営状況の確認、日韓共同プロジェクト開発の方針等に関する意見交換
2)日時:平成10年9月13日
場所:ソウル
内容:基金の運営方針等に関する意見交換
3)日時:平成10年10月31日
場所:チェジュ
内容:基金運営状況の確認、基金の活動の広報周知及び成果物の出版・事業評価方法等に関する意見交換
4)日時:平成10年11月7日
場所:ソウル
内容:基金運営状況の確認、日韓共同プロジェクト開発の方向性等に関する意見交換
5)日時:平成11年3月14日
場所:ソウル
内容:基金運営状況の確認、基金の活動の方向性、事業評価等に関する意見交換
 
 日本人専門家及び当財団役職員が、本基金運営理事会、プログラム委員会、財務委員会等へ出席し実施した。

◇事業の成果◇
 北東アジア地域における日韓関係の重要度が増す中、両国政府間レベルで新たな日韓関係の構築を目指した計画が策定されたことから、民間レベルでイニシアチブをとり、今後のモデルとなる共同事業の実施や日韓間の議論の場を提供するという本基金の役割がますます重要になりつつある。
本事業を実施した結果、基金の運営管理が軌道に乗ると同時に研究成果物の出版、ホームページの開設、アニュアルレポートの作成等が行なわれるなど、活動基盤がほぼ整ったほか、日韓の専門家、有識者間の交流や活発な意見交換が行なわれると同時に共同事業に着手するにいたった。
成果物  
備考